東京都品川区|有限会社宮本工務店|省エネ住宅|パッシブデザイン・自立循環型住宅|ZEH

 

パッシブデザイン

 

パッシブデザイン 自立循環型住宅とは?

パッシブデザイン 自立循環型住宅とは?
 
再生可能エネルギーを含まずに、エネルギー消費50%削減を目指す
自立循環型住宅とは、気候や敷地特性などの住宅の立地条件および
住まい方に応じて極力自然エネルギーを活用した上で
建物と設備機器の設計や選択に注意を払うことにより
居住性や利便性の水準を向上させつつも
居住時のエネルギー消費量を2010年頃の
標準的な住宅と比較して50%削減可能な
太陽光発電を含めるとゼロエネルギー化が現時点までに
十分実用可能な住宅をいいます
 

エネルギー消費削減・住空間の心地よさ形成のための、15の要素技術と省エネ効果

エネルギー消費削減・住空間の心地よさ形成のための、15の要素技術と省エネ効果
 
省エネエネルギー効果があるとして15種類の
要素技術を設計手法として設定しています
自立循環型住宅の15種類の要素技術は、大きく分けて自然エネルギー活用、断熱の熱遮断技術、省エネルギー設備技術があります
 

住宅タイプのイメージ

住宅タイプのイメージ
 
地方都市の郊外に立地する規模の大きい敷地に建つ平屋の例
伝統的自然生活志向
開放的な間取りで、自然風や日射熱を効率的に利用
庇やサンデッキによる日射遮蔽効果を高めている
 自然エネルギー活用 高
 ②建物の熱遮断対策 高
 ③省エネ設備の適所利用
 
都市内の立地する比較的規模の大きい敷地に建つ4人家族向けの2階建の例
  自然生活志向
   1階・2階に設置されたサンテラス、個室に付属する
   ファミリールーム、引戸の採用により、夏季の自然風・
   冬季の日射熱及び昼光をできるだけ利用
   自然エネルギー活用 中
   ②建物の熱遮断対策 高
   ③省エネ設備の利用 中
 
都市内に立地する比較的規模の小さい敷地に建つ4人家族向けの2階建ての例
  設備生活志向
  2階リビングや頂側窓の設置より、夏季の自然風、冬季の
      日射熱及び昼光をできるだけ利用
  1階は夜間における室内温熱環境を設備を利用して調整・維持
    自然エネルギーの可能な範囲での利用
    ②建物の熱遮断対策 高
    ③省エネ設備の高度利用
 
 敷地の自然エネルギー利用の可能性とライフスタイルの指向から
設計目標を設定し要素技術の適用優先度を考慮し具体的な手法の検討を行うことが有効です
 
 
 
 
 
(一財) 建築環境・省エネルギー機構 ガイドラインより
有限会社宮本工務店
〒140-0014
東京都品川区大井5-16-3
TEL:03-3771-8216
FAX:03-3772-0726
------------------------------
005453
<<有限会社宮本工務店>> 〒140-0014 東京都品川区大井5-16-3 TEL:03-3771-8216 FAX:03-3772-0726